FC2ブログ
随分前に買った「エミリー」(巖元のばら著)を読み終わりました。
私にしては珍しく、エミリーは一晩で読み終わりました。

・・・・「コルセット」という短編が好きだったなあ・・・。
いや、浮気話だったんだけど、この世で浮いていると思っている
主人公に共感できたもんで・・・。
しかし、はじめてこの人の本読んだけど、芸術的すぎて、
服とかブランドと知らない私にはさっぱりわかりませんでした・・・。

「エミリー」はエミリーブランドには興味持ったけど、
いじめシーンがすごい強烈で、その主人公の過去のトラウマとかも
すごい気持ち悪くて、後味悪かったです・・・。
なんで、こんなに後味が悪いんだろうと考えていたら、
エミリーが好きになるホモの男の子をだました先輩に対する
罰がなんにもないからだなあと思いました。

もう、すごいかわいそうで、エミリーと一緒に泣きそうになったよ。
ひどいことする人もいたもんだ。というか、私は小説とか漫画って、
気分を明るくさせてくれるものを読みたいわけで・・・。
いじめシーンとか昔自分がいじられていた頃を思い出して、
ああ、私はここまでされなくてよかったなあ・・・と、
ほっとしました。いじめてる子達がこの本読んだら、
どう思うのだろう?

というか、私は他の人に聞いてみたい。
あなたはどうして本を読むのですか?と。
それはですね・・・あまりにも私の周りでは本読んでる人が
少ないからなんですね。私としては、小さい頃から本を
読むのが当たり前の世界に生きていたので、そういう
疑問をもたなかったんですが、私のまわりにいる人は
今、生きている現実に必死で、本なんか読まないっていう
人達ばかりで・・・じゃ、本ってなんのためにあるんだろう?
と思うわけです。

エミリー、売りたいけど、コルセットだけは切り落として、
売りたいなあ・・・苦笑
スポンサーサイト



2005.08.13 Sat l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukinaga.blog8.fc2.com/tb.php/86-b8e60703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)