FC2ブログ
どうしてもすぐりさんのことを思わずにいられなかった・・・。
荒川さんは荒川さんで大変だろうけど、すぐりさんにもこういうおいしい
ご飯を食べてもらって、ちやほやされて、笑顔のところを見たいなあと
思った。にわか荒川さんファンを見ていると、なんだかもやもやした気持ち
になるのは何故でしょう?

さて、雑談その?
嵐くんのニューCMを見た。きっと大丈夫っていう歌。かわいーのう(^-^)
早く全部聞いてみたいー。

雑談その?
最近、インパルスの板倉が気になる・・・。見るテレビ、ふとつけたテレビに
インパルスがでているような気がする。板倉、顔が全然タイプじゃないのに、あの冷めた感じが好きなのかも。

雑談その?
世界ジュニアを見た。最近国分がもう生理的にだめ・・・。
小塚くんのフリーが好きだー。早く日本男子も三枠になって、バンクーバの選考ではドキドキしない展開を期待したい・・・。

雑談その?
今日はイオンに行って、ホワイトデーでパワーストーンのストラップを買ってもらった(^-^)精神的にリラックスできる。明るくなるそうで。効いてほしい。ちなみにパワーの充電方法は月の光を浴びさせることらしいけど、どうやって月の光を???

雑談その?
最近救ってもらっているブログさんのとこで紹介していたブログから。
フィギュアのことが書いてあったので紹介。
宇宙となかよし
この文を一部コピーします。(許可はとってあります)



キーワード:
他人を批判する前に、胸をあてて考えよ。
オレは、走っているのか?

解説:
マラソン選手が懸命に走るのを見ながら、
したり顔に批判・攻撃するヤツがいる。
マラソンを自ら走ったとたん、その辛さに、誰も批判できなくなる。



 今回のトリノオリンピックでは、荒川静香の金メダルが一つだけという結果でしたが、それを受けて、ジャンプの原田やフィギュアの安藤を批判する人が結構いるようです。また、金を取った荒川に対して、海外メディアでは「ライバルの失敗を見届けてから、連続3回転ジャンプを急きょ後半2回転にして、無難に収めた」などと批判的にとらえる向きもあるようです。また、先日勝利を収めた「亀田コウキ」に対しても、態度が生意気とか親子揃ってボクシングしか能がないなど、中傷にしか聞こえない批判をする人もいるようです。彼ら彼女らには「有名税」という批判を浴びる宿命を持っているのでしょうが、ふと考えてみると、、、批判して何か得られるのだろうか、、、と。

 世の中には批判する側と批判される側がいます。普通の人は「批判されたくない」ために、逃げ場を作って外野からあれこれ批判をする側に回ります。しかし、荒川静香にしても安藤ミキにしても亀田コウキにしても、自分の好きなことをやって充実した人生を送り、かつ、普通の人よりも高い収入を得て、「批判」に見合う十分な代償を得ています。どちらが「人生」として「成功」と言えるのでしょうか。どちらが「自分の人生」を生きていると言えるのでしょうか。

 私は「人生」の「主役」になりたいと思っています。なぜならその方が楽しいから。「脇役」は「脇役」でしかありません。「無難」かも知れませんが、「楽しい」とは言えません。時々、目立つ人の影に隠れながらあれこれ耳打ちして、「俺は陰のリーダーなんだ!」とほくそ笑む人を見かけますが、「仮にそうであっても、あなたは『脇役』でしかありませんよ」と言いたくなります。人から批判されようが、攻撃されようが、ちょっかい出されようが、「脇役」であるより「主役」でいたいと思っています。

 しかし、そうなるにしては私はまだまだ「批判」されていません。どちらかと言うとする側かもしれません。人の言動にあれこれ注文つけたり、陰で批評しては、悦に入ることがまだまだ少なくありません。でももうやめようと思います。他を批判せず、自分の好きな人生を生きて、受けるべき批判ならば堂々と受けて立ちたいと思います。もちろん、人の嫌がることをして非難されるのは言語道断ですが、「自分の人生を生きる!」という確固たる信念のもと、他の批判はやめて、堂々と受けて立ちたいと思います。荒川や亀田を見てそう思いました。


?????????????
私も最初そう思っていた。荒川さんがコーエンの演技見て、わざと試合に勝つためにしたんじゃないかと。今はそう思った自分を恥じている。コーエンを批判するような文も書きましたが、私は審判に対して怒っているわけでコーエンを好きな気持ちにはなにも変わりありません。

今、私はこの問題について深く考えています。
批判されても堂々と生きる人生の方が素晴らしいことも知っています。
しかし、実践するのはなかなかむずかしいです。

他を批判せず、自分の好きな人生を生きて、受けるべき批判ならば堂々と受けて立ちたいと思います。

この言葉がすごく私の胸に残りました。
自分の好きな人生を生きる。なんて素晴らしいことなんだろう。
そして、なんて素敵な文章を書く人だろう。そう思いました。
みなさんも一度胸に手をあてて、考えてみませんか?
スポンサーサイト




2006.03.14 Tue l フィギュアスケート l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

この文章を見て、思い出したんですけど、私って、昔はすごく個性が強いキャラクターだったんです。でも子供を持つようになってからは、個性を出して、変なうわさをされるのがいやで、極力、みんなに合わせよう、あわせようとばかりしていました。だからそういう自分にすごく疲れます。昔からの友達に合って、「全然、自分を出せないよ~」っていっても信じてもらえないんですが。自分のことで、子供に迷惑がかかったらとか考えてしまって、変な人だって思われるようなことはできなくなってしまってるんですよね。
自分の子供も、入園前からすごく個性が強かったんですが、幼稚園で子供が人と変わったことをしてたりすると、逐一うわさされて、それがいやでついつい子供に怒ってしまってたんですよ。子供には何の罪もないんですけど。私は、子供のときこそ、いろんな個性の子と接しながら、子ども自身が学んでいくものなんじゃないかな~って思ってるんですけど。今はお母さんの方がいろいろ口出ししたり、変な先入観をうえつけたりしてしまうので、とっても子育てがしにくいです。大学時代ってまわりが男ばっかりだったからか、本当に噂話をする人なんていなかったし、この人はこんな人だって、個性を認めてた気がするんですよ。だから、今の、「人とちょっと違う」だけで、すごくおかしい人みたいに噂する人たちの中で、生活している自分がいやになります。だからといって、自分や、子供が変な噂を立てられ、子ども自身が友達がいなくなってしまったら・・・なんて考えると、とにかくあまり目立たないようにするしかないのかなって思ってしまいます。自分のことだけなら、人になんと言われようが、いいんですけどね。自分と合わない人とは無理してつきあおうとは思わない性格だったので・・・。でも、子供のことを考えるとほんとに付き合いが難しいです。ただ、自分自身は人の噂をしたり、批判をしたりする人間にはなりたくないなって思ってます。なんか何をいいたいかわかりませんよね。長々とすいませんでした。
2006.03.18 Sat l ナオ. URL l 編集
・・・うーん。ほんとに今の社会って変ですよねー。個性個性といいながら、団体生活にあわしていかなきゃ・・・っていう。

私が考えはじめたのは、ロリータ服を着始めてからなんですよ。お母さんが変だって言うんですよ。わたしのなかでは、これが流行なのに???って思うのに。でも、町中ではそんなの着てる人いない。だーさんもやめてくれって言う。自分の好きな服着て、なにが悪いの?って思いはじめて。

今も買ったわりにはあんまり着ていません。そして、ロリータ服屋に行っても普通の格好で行ったら、あんまり話しかけてきません。ロリータだと話しかけて来るんです。ここでも、世界ができあがってるんですよ。

ナオさんも子供が個性強くても、私はいいんじゃないかなーと思います。きっと、それを認めてくれる人達はこれからいますよ。年をとるごとに自分の居場所を見つけていくと思います。押し潰さないでください。って、私の勝手な発言なんですけど(^^;)

奥様連中は人のうわさ話が好きなイメージ・・・暇だからかな?なにか刺激を求めて、変わってる人を探しているのかな?

でも、ほんと気にする分だけ損って感じがしますね。頑張ってください・・・というのも変だけど、世の中と戦っていきましょう。
2006.03.21 Tue l ユキナガ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukinaga.blog8.fc2.com/tb.php/273-19c2012f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)