FC2ブログ
おばあちゃんが久しぶりにでてきた。
死んでいることはわかってて、でも、「おばあちゃんいるよね?」
って聞いたら「ここいるよ。ずっといるよ」って言ってくれた。
手をさわったら、いつもの骨ばった手で。
いつもの夜中に、眠れなくて私に助けを呼んできて、
そして、いつも手を握ってと頼まれて、握っていた
あの手だった。
少し抱きしめても、冷たくなくて、死臭もなくて、
おばあちゃんだった。

そしたら起きた。

ずっと夢のなかにいたくて、泣きそうになった。
そしたら現実の人達が怒るのかなあ?
スポンサーサイト



2005.05.10 Tue l 日記 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

おばあちゃんは亡くなってしまってもそこにいたんですね。。。
会ったのが夢という時間帯だっただけでいつも傍にいてくれる人っていうのは必ずいる。

そんな話を信じてます。
2005.05.10 Tue l 楓. URL l 編集
コメントありがとうございます。
ほんとに、おとぎ話かもしれないけど、
亡くなった人っていうのは、いつも
側にいて見守っていてほしいと
思います。

手の感触とかほんものみたいで、
起きた後もその感触が忘れられなくて、
泣きそうでした。

今日は仏壇に「夢にでてきてくれて
ありがとう。大好きだよ」と念じました。
また夢で会えるといいなあ、そんな風に
思います。
2005.05.11 Wed l ユキナガ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukinaga.blog8.fc2.com/tb.php/21-906114c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)