FC2ブログ
見てきましたよ!!生田中幸太郎!!
実は、今日もちょっと落ち込んでて、もう書くのやめようか・・・
と思っていたんですが、とりあえず記憶が曖昧になるうちに
書いておこうかと。

チケット発売日に並んだかいがあって三列目!!
顔がばっちし見えました☆
休憩中のトイレで「超かっこいいー」とか言われてましたよ。
幸太郎くん・・・。一緒に行った友達も聞いていたみたいで、
「よかったねー。ユキナガさん」と喜ばれましたが、
実は、なんかテレビとちがうなこの子とか私が思っていたのは
内緒です(--;)すいません。なんか、河相が○んを思い出して
しまうのは何故だろう・・・とか劇中よく思っていました。

友達は升毅にご満悦でしたv同い年なんだけど、この目当ての人物
ちがいすぎる・・・(^^;)

以下ネタバレつき感想はこちら
とにかく舞台セットが安っぽい・・・。
階段と橋みたいなやつだけですからね・・・。
最初、コントでも使えそうとか思いましたね。

内容は映画もドラマとも全然ちがってました。
確か、先生の葬式とかで仲良くなったんじゃないかな?映画とドラマは。
こっちはロミジュリを文化祭でやるということで仲良くなり、
さくちゃんは剣道部員だし、じいちゃん健在だし、アキちゃんは
お父さんしかいないという設定で、とにかく働き娘でした。
一部はそんな朔とアキが親密になっていく話でしょうか・・・。
ロミジュリの本番、アキが倒れて終了。

でも、二部がはじまって、アキ復活してました。
それから映画でもドラマでもおなじみの無人島のシーン。
キスしておわりだったんですけど、その後、どうなったんだろうか・・・
とちょっと気になる展開。だけど、アキがまた倒れて、入院。
それから展開が早いぞ早いぞー。思い悩む朔とアキはそれでも
明るく進んでいこうとするが、そんな時頼りにしていた
担任(とよた真帆)が心臓発作で亡くなってしまう。

すっかり落ち込んでしまう朔は、アキを避けるようになる。
なんとか升毅演じる先生が連れてくるが、アキの怒りは爆発。
じいさんにすがりつく朔は、ここでなぜかじいさんと竹刀を
まじえて、自分の哀しみとかいろいろぶつける。
ふっきった朔は、病気のない世界に行きたいというアキの願いを
叶えるため、いつか担任がいっていたアボリジニの世界・世界の中心に
連れていこうとする。
そして、空港で倒れ、おなじみの「助けてくたさい!」。
アキは亡くなるが、そんな落ち込んでいた朔に親友からテープを
渡される。テープには「好きな食べ物は増えましたか?とか
好きな音楽は増えましたか?時を進んでいく朔ちゃんが羨ましい・・・」
(すいません。ここらへんうろおぼえ・・・)
朔は「いつまでももっていようと思っていた。けど、
そんなことは必要ないんだよな」とか言って、世界の中心で骨をばらまく。

最後らへんうろおぼえですいません。でも、なんで骨をばらまくとか、
ちょっとこじつけっぽくて、「あれ?」とか思ってました。

すっかりあらすじを書いてしまったな(^^;)
最後らへん展開が早いので「前半もうちょっとカットできなかったのー」
とか思いましたが、田中幸太郎くんの演技がテレビより
上手くて、ひきつけられてしまいました。
最後泣いているのに、つられてこっちも泣きそうになる。
けど、友達の横で泣くわけにはいかん!と思って、ぐっと我慢。
でも、かなり涙目でした。。。

アキちゃん役の佐藤めぐみちゃんも知らない役者さんでしたが、
けっこう上手かったですよ。ただ、セットのしょぼさと役者陣が
あまりにも少ないのがちょっと難点でしたね・・・。

ところで、どれが一体一番原作に近いの?(原作読んだことない)
というか、こんなにいじられて作者的にはどうなんだろうか?(^^;)

私的には、ドラマ、映画、舞台順で好きです。
スポンサーサイト




2005.09.06 Tue l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukinaga.blog8.fc2.com/tb.php/104-5a672834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)